印刷

効果的な広告宣伝の方法

印刷機

企業広告でおすすめなのがマグネットシート広告です。マグネットシートを使用した広告は消費者に利用してもらいやすく、宣伝効果も非常に高くなっています。また費用も安く、費用対効果も高いものとなっています。マグネットシート広告の製作に興味のある企業は一度、印刷会社に相談してはいかがでしょうか。

Read more...

チラシ制作のノウハウ

チラシ

チラシ印刷を発注する際にはインターネットで印刷通販を利用するのがおすすめです。紙の種類も豊富にあるので、目的にあわせて選ぶとよいでしょう。また一度にたくさん発注したり、各社で印刷費を比較したりしましょう。

Read more...

質の高い印刷を実現する

見栄えの良い印刷のコツ

色見本

横長綴じにも対応しており、変型用紙にも対応している中綴じ印刷は、極めて活用範囲の広い印刷手段です。この特性を活かして、工夫をすることでより見栄えのする印刷物を作成することができます。 そのための中綴じ印刷のコツとして、まずは表紙の紙種や厚紙を工夫するのはとても有効な手段です。表紙は誰もが最初に目にする部分ですから、大きく印象にも残ります。デザインをより美しく魅せるためにグロスPPやマットPPといったPP加工をすることも勧められます。 またコストを掛けて良いならば、オフセット印刷による中綴じ印刷が最適です。オフセット印刷は紙と印刷イメージが直接触れない印刷方式であり、版の劣化がないため非常に繊細な中綴じ印刷が可能です。

印刷や製本の時の注意点

印刷の綴じには様々な種類がありますが、中綴じ印刷は最もポピュラーな方法の1つです。しかし印刷や製本時には注意をしておきたい点も復数存在します。 中綴じ印刷の注意点として、まず1つ目に耐久性を考慮する事が必須です。なぜなら中綴じ印刷は無線綴じなどと違って、「背」を持たない特徴があります。このため耐久性という面ではやや劣っており、重量のある用紙やページ数の多い印刷物の作成には向いていないためです。このため耐久性を意識した用紙選びやページ構成を心がける必要があります。 また2つ目の注意点として、ページ数は4の倍数を維持することも忘れてはいけません。実際に中綴じ印刷を行うと分かりますが、用紙が1枚増える毎に4ページずつ増加することになります。このため中綴じ印刷では4の倍数のページを入稿する事になります。

印刷を発注する前に

印刷

フライヤー印刷を行なう際は、語源や特徴についてまず知っておくと良いでしょう。定型だけでなく変型印刷も可能で、加工も容易に行える点を強調しています。また、フライヤー印刷の注意点としては、入稿時のトンボの作成やデータ形式の確認があります。

Read more...